英語でEメール

英語のEメールは、初めて送る場合はどう記入したら良いか全く分かりません。
しかし、Eメールを書く上でのポイントと基本的な定型フォーマットを覚えておくと、作成がいくらか簡素化できます。

慣れるまでは時間もかかるし大変ですが、例文や他の人が送ったメール等を参考にして、実際に繰り返し記入していったら段々慣れて、時間もかからなくなるでしょう。

□英語のEメールのポイント

ポイント1
左寄せで入力すること

ポイント2
定型フォーマットに沿って記入していく
記入する項目は以下のような流れです。

■記入項目
1.宛先:相手のアドレス
2.件名:タイトルから内容が判断できる様に工夫する。
3.受取人名:フォーマルでは会社住所も記入します。
4.頭語:日本語の「拝啓」にあたります。
       末尾に:(コロン)をつけます。Dear Mr.(Ms.)名前:
       名前まで分からない場合はこのように記入します。Dear Sir or Madam:
       「関係者各位」はこのように記入します。To All Persons Concerned:
5.前文:簡単な挨拶を記入します。
6.本文:簡潔に、用件だけ記入しましょう。
7.末文:補足する事があれば記入し、お礼なども書きます。
8.結語:日本語の「敬具」にあたります。:Sincerely,
       結語の末尾は,(カンマ)をつけます。
9.差出人名:署名、フォーマルでは会社住所も記入します。

英文Eメールの作成は習うより慣れろです。前文、末文もある程度決まった言い回しがあるので、本文内容の趣旨に添った言い回しを書き出して使えるようにしておくと便利です